カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/バー「ボレロ(BORERO)」- 京都・千中下西

マッチ・コレクション/バー「ボレロ(BORERO)」- 京都・千中下西 (1)
マッチ・コレクション/バー「ボレロ(BORERO)」- 京都・千中下西 (2)
マッチ・コレクション/バー「ボレロ(BORERO)」- 京都・千中下西 (3)
マッチ・コレクション/バー「ボレロ(BORERO)」- 京都・千中下西 (4)

マッチ箱の背の部分にある”京都 千中下西”とは京都市上京区の「千本通中立売下ル(せんぼんどおりなかだちうりさがる)」の西側という意味であるという僕の推測は京都の町名の複雑さの中で迷子になってしまうのですが、京都・千本通りにはかつて映画館が多く存在していたようです。西陣織物業が栄えていた時代のことです。

たとえば、1984(昭和59)年6月に閉館した「西陣キネマ」は「上京区千本通中立売上ル東入北側」、1953(昭和28)年開場し、1970(昭和45)年に閉館した「北野東映(北野劇場-北野東宝)」は「上京区千本通中立売下ル東側」。
1963年6月に閉館した「千本日活(大野座-千本の芝居-千本座)」、1987年6月に閉館した「千中ミュージック(千中劇場) 」(「千中ミュージック」時代はストリップ劇場でした)などなど。

尖ったデザインとでも言うのでしょうか。黒地にバーの店名である”BORERO”の金色の文字は右へ行くほど鋭角となる二等辺三角形に収まっています(写真ではわかりずらいかもしれませんが、金色なんです)。
マッチ箱における残りにくい色のひとつなのですが、きれいな状態なのは大切に保管されていた証でもあります。
残念ながら、僕にはその想いと記憶をここに再現することはできないのです。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/芋ようかん・甘味処「舟和」- 浅草新仲見世・オレンジ通り角

マッチ・コレクション/芋ようかん・甘味処「舟和」- 浅草新仲見世・オレンジ通り角 (1)
マッチ・コレクション/芋ようかん・甘味処「舟和」- 浅草新仲見世・オレンジ通り角 (2)
マッチ・コレクション/芋ようかん・甘味処「舟和」- 浅草新仲見世・オレンジ通り角 (3)

1902(明治35)年、東京・浅草で創業した和菓子店「舟和本店」。
マッチ箱にある”浅草新仲見世・オレンジ通り角”とは羊かん司「舟和」時代に開店した「みつ豆ホール」あった、現在の本店の場所なのだと思います。

「03」は印刷されていませんが、それに続く局番は「841」と3桁で、電話加入者番号も異なります。
本店は1975(昭和50)年に改装されたそうです。
「舟和本店」のある浅草「新仲見世商店街」でアーケード設置工事が始まるのは2009(平成21)年で、2011(平成23)年に東西にのびる380mのアーケードが完成しています。

僕が初めて東京・浅草を訪れたのは1975年の春です。そのときには僕はまだ「舟和」を知りませんでした。子供の頃から和菓子はまっすぐに神戸・西舞子に古くからある「幸神堂」と決まっていたからです。
今では「舟和」の芋ようかんをよく知っています。

マッチ箱を振れば、軸木が奏でる心地よい音がします。
「舟和本店」がこれからの東京・浅草の移り変わりも記憶しながら、末長く愛されるお店であることをお祈りいたします。

カテゴリー
雑文

立体の原寸と投影図。

立体の原寸と投影図。

「わたくし、株式会社○○○○○○の新人△△△といいますが、代表者さまはいらっしゃいますか」だとか「こちら、□□□□□を取り扱っております会社の新人xxxxxと申しますが…、ご主人さまでいらっしょいますか」 と最近の企業マニュアルでは姓の前に「新人」とつけて営業することが流行りなんですか、と聞き返したくなるような電話や訪問を受けることがあるのだけれど、「新人」だから人の集中力を妨げても許されるということではないと思うし、「新人」だから人の時間を自分のものにしていいわけでもないし、まあ、△△△さんもxxxxxさんも本当の名前なのかどうかさえわかりかねるので、代表に取り次ぐこともできませんし、ご主人さまとは誰のことなのかわかりませんので、ただ迷惑なので即座にお断りすることをお許しください、と書き残しておきます。