カテゴリー
雑文

語幹の語感。

語幹の語感。

ため息のつき方もまだまだ未熟で、さまにならない頃、雨の午後の教室で、窓ガラスの曇りを指先で拭きとって、眺めた空が僕にはある。