カテゴリー
雑文

a+ 級機関

a+ 級機関

“ぼくは、彼の話をぼんやり聞き流した。産業振興地域、安定成長、雇用機会の創出。どれもみな、眠くなるような響きだった。ぼくは自分の部屋に戻りたくなった(ウィル・ワイルズ「時間のないホテル」 、翻訳: 茂木健、2017年、東京創元社)”

恒久的に、まるで呪文のように繰り返されているこれらの言葉を僕だって聞き流したいと思う。
さて、深呼吸でもするか。
「また、明日」と僕は言う。