カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/野天風呂と伊豆長岡温泉「白石館」 – 伊豆長岡温泉

マッチ・コレクション/野天風呂と伊豆長岡温泉「白石館」 - 伊豆長岡温泉 (1)
マッチ・コレクション/野天風呂と冷暖房大新館 伊豆長岡温泉「白石館」 - 伊豆長岡温泉 (2)
マッチ・コレクション/野天風呂と冷暖房大新館 伊豆長岡温泉「白石館」 - 伊豆長岡温泉 (3)

マッチ箱はかなり古い経木のマッチ箱によくみられる「両側とも側薬タイプ」なので、古くは経木のマッチ箱だったのかもしれません。

伊豆長岡温泉とは、長岡地区に所在する「古奈(こな)温泉」と「長岡温泉」の総称です。
「白石館」は戦前からある有名な旅館だったそうですが、1970年代に隣接する旧三菱財閥・岩崎家の別邸「三養荘」の一部となって「白石館」の名は消滅したようです。現在、「三養荘」は「プリンスホテル&リゾーツ」が運営する旅館です。

さて、東京学芸大学地理学分野内「歴史地理学会」にアーカイブ化されて残されている「中伊豆の修善寺・伊豆長岡の場合」に収録されている1967年の「伊豆長岡における土地所有形態」地図によると、”白石館”は「古奈温泉」にあった地元資本の旅館だったようです。

同資料に”伊豆長岡は第2次世界大戦後の新しい観光旅行形態に対応すべく、1962年に建設費2億円をかけて全長1800メートルのロープウェイを建設した”とありました。このロープウェイは今も「伊豆の国パノラマパークロープウェイ」として葛城山の山麓と山頂を往き来しています。

僕は「冬という季節」の中の温泉が好きです。

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください