カテゴリー
モノ 雑文

「ちゃんぽん」にまつわる極めて個人的な話。

「ちゃんぽん」にまつわる極めて個人的な話。

2020年12月23日に「八幡浜ちゃんぽん」、昨日2020年12月26日に「長崎ちゃんぽん」のことを書き残した際に、文章が長くなりすぎるという理由で削除してしまった個人的ちゃんぽん事情を残しておきます。

ちゃんぽん業界にはほんとうに申し訳ないのだけれど、「是非食べたい」という僕のリストに「ちゃんぽん」は載っていません。
僕がちゃんぽんを意識して食べたのは1986年以降です。
店名は忘れてしまいましたが、かつて勤めていた会社の東京本社近くに、昼間はちゃんぽんと皿うどんを提供し、夜には「夜の店」になるという店があり、何度か何人かの会社の上司とちゃんぽんを食べに行ったのです。

「ちゃんぽんの味に飽きてきたら、テーブルに置いてあるウスターソースを加える」と上司のひとりから教わりました。
それが正しいのかどうかわかりませんが(許されない食べ方だと責める人もいるでしょうが)、ちゃんぽんとウスターソースの組み合わせはとてもすばらしいものだったのでした(長崎の皿うどんにウスターソースをかけるというのはよくあることらしい)。

そんなことを思い出した、という個人的な話。