カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/贈答は心をこめた国産品、良いから買います国産品 – 国産品普及向上本部 (東京・丸ノ内)

マッチ・コレクション/贈答は心をこめた国産品、良いから買います国産品 -  国産品普及向上本部 (東京・丸ノ内) -1-
マッチ・コレクション/贈答は心をこめた国産品、良いから買います国産品 -  国産品普及向上本部 (東京・丸ノ内) -2-
マッチ・コレクション/贈答は心をこめた国産品、良いから買います国産品 -  国産品普及向上本部 (東京・丸ノ内) -3-

今日はおそらく世界中、クリスマス。
“Do They Know It’s Christmas?”

皆さんの枕元にはなにが届いたのでしょう。

独立行政法人経済産業研究所(RIETI)が編纂した「政策史関連資料」として「通商産業政策史」というものがあります。「第1期 通産政策史」は1945年から1979年頃を、「第2期 通産政策史」は1980年から2000年頃までをまとめてあります。
「第1期」の「政策史年表」の中に”1962(昭和37)年 国産品普及向上本部、国産品の国際競争力強化を政府に要望”と”国産品普及向上本部”の記述がでてきます。

RIETIのプロジェクトのどこに収録されているのか確認できませんでしたが、「第1章 付表1-1 1953~2010年度の新政策の推移」という資料の「1962年度(昭和37) 副題:経済の高度成長達成と格差是正」の中には”国産品愛用の奨励のために国産品普及向上運動本部設置(国産機械類には特段の措置)”という記述が残されています。

その資料には書かれていませんでしたが、「国産品普及向上本部」が設置されたのはこのマッチ箱の背の部分に印刷されている東京・丸ノ内にある日本商工会議所内ということですね。

マッチ箱にはサングラス(?)を掛け、口を尖らせ、とても怒っている人が描かれています。「たすき」でしょうか。なにか文字が描かれています。

高度経済成長期の「国産」を記憶するマッチ箱です。

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください