カテゴリー
雑文

よどみと逆流。まだ、準備状態でもありません。

よどみと逆流。まだ、準備状態でもありません。

つい先程まで何の支障もなかったはずなのに突然、乾ききった喉から言葉を押し出さなければならないほど、かすれた声になるという夢に僕はときどき遭遇する。
いままでにも書いたけれど、僕は「フロイト的解釈」を温かく受け入れることはない。