カテゴリー
雑文

折れ曲がるのっぺりとした壁

折れ曲がるのっぺりとした壁

目が醒めて外の出ると家の前の道がとても渋滞していた。
そんな夢をみた。
100文字くらいでおさまりそうな言葉をいくつかそっと話した、ひどく無口な一日だった。