カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/湖半の宿「紅葉館」 – 滋賀・大津市尾花川湖半

マッチ・コレクション/湖半の宿「紅葉館」 - 滋賀・大津市尾花川湖半 (1)
マッチ・コレクション/湖半の宿「紅葉館」 - 滋賀・大津市尾花川湖半 (2)
マッチ・コレクション/湖半の宿「紅葉館」 - 滋賀・大津市尾花川湖半 (3)

“朝々秀絶沈峰景”と詠んだのは軍医総監であった松本良順。
この詩を掛け軸として床の間に飾ってある旅館の部屋に宿泊したのが犬養毅で、感銘して詠んだ対句が”暮々最佳満湖情”だそうです。
その舞台となったのが「滋賀県大津市尾花川」にあった「紅葉館」です。

「近代日本の国際リゾート:一九三〇年代の国際観光ホテルを中心に(著:砂本文彦、2008年、 青弓社)」には
“1932年10には実際に大津市尾花川の琵琶湖湖畔に最初のダンスホールとして紅葉館が開設される。琵琶湖ホテルにも別棟の専用ダンスホールが計画されていた。京津を結ぶドライブウエーは、琵琶湖にダンスという強力な娯楽をもたらそうとしていたのである。”
と書かれています。
ここでいう「紅葉館」とは旅館そのものではなく、「紅葉館」の別館として建てられた「琵琶湖ダンスホール」のことだと思います。約50人の専属ダンサーが所属していたそうです。

大津市には丸玉観光の木下彌三郎が1946年に開業した観光旅館「紅葉館」がありましたが(のちに「旅亭紅葉」、「びわ湖温泉ホテル 紅葉」へと改称したが、2013年閉館)、創業年と場所が一致しないので関連があるのかないのか調べきれませんでした。

明日から2020年も最後の月となりますね。そろそろ紅葉の見ごろも終わりです。

カテゴリー
雑文

エスケープ・シーケンス。

エスケープ・シーケンス。

やれやれ。
横になっている時間が立っている時間よりも優位に立つ日が続くと僕は喪失感と焦燥感が圧倒的な集合体を形成していく風景を見ているしかない。
それらは誰の目にもうつらないが、僕はこの現象と感覚を「空洞感」と名付けることにする。
違和感が全身に広がっていくので、今日はここまで。
やれやれ。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/パンと洋菓子・喫茶「オリエンタル」 – 神戸・兵庫(ダイヤ通り)

パンと洋菓子・喫茶「オリエンタル」 - 神戸・兵庫(ダイヤ通り) -1-
パンと洋菓子・喫茶「オリエンタル」 - 神戸・兵庫(ダイヤ通り) -2-
パンと洋菓子・喫茶「オリエンタル」 - 神戸・兵庫(ダイヤ通り) -3-

よく知っている、というわけではないのだけれど全く知らないわけでもなく、そう多くはないけれど幾度かは行き来したことがある「ダイヤ通り」の場所をGoogle Mapsで確認したにもかかわらず、神戸市兵庫区中道通2丁目の全ての角を1時間近く探し回ったところで「ダイヤ通り」を示すアーチ(看板)を見つけることができなかった。
あとから知ったのだが、2015年頃に撤去されていたようだ。撤去の理由はわからない。「ダイヤ通り」は「水中本通商店街」とも呼ばれていた。商店街の面影はない。
通りには「ゲゲゲの鬼太郎」で有名な漫画家の水木しげるが通った銭湯「水木湯」が今でも営業している。

パンと洋菓子・喫茶「オリエンタル」がどこにあったのかは「火保図(火災保険特殊地図)」や古い地図で確認できると思う。今はもうない、というだけのことだ。
マッチデザイン見本帳にテンプレートとして載っていそうなイラストだが、そうではないのかもしれない。