カテゴリー
雑文

モグラくんと地下水路

モグラくんと地下水路

モグラくんはあれこれと考えた。
記憶の土を掘り続け、新たに見つけた温かな水脈のことを。

どこまで続いているのか、どこかに繋がるのかわからないが、その水脈をたどっていけば月にたどり着くことができるというわけではないことはわかっていた。

だれもいないが、モグラくんは見つけた水脈にそっと蓋をした。蓋をしてしまうともう二度と同じ水脈を見つけることができないことはわかっていた。

夜がやって来る。地表の温度が下がる。まもなく冬がやって来る。

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください