カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/伏見桃山城キャッスルランド ジェットコースター完成 + 近鉄不動産

マッチ・コレクション/伏見桃山城キャッスルランド ジェットコースター完成 + 近鉄不動産 (1)
マッチ・コレクション/伏見桃山城キャッスルランド ジェットコースター完成 + 近鉄不動産 (2)

片面には
“のびる・ひろがる 緑のらくえん 伏見桃山城キャッスルランド”
“カーニバル <大天守閣・戦国おんな絵巻> 3月12日 -> 6月6日 主催 大阪新聞社”
もう片面には
“おすまいのことなら… 近鉄不動産”
“只今好評分譲中 八戸の里グランドマンション 桔梗が丘住宅地 関屋住宅地”
側面には
“日・祝日豪華アトラクション ジェットコースター完成”

僕は「伏見桃山城キャッスルランド」へ行ったことがないと思う。「奈良ドリームランド(開業:1961年7月1日、閉園:2006年8月31日)」には幼少の頃に母と父に連れて行ってもらった。

伏見桃山城の不運からか埋め込んでいきたいところだが、省略。ぴょん、ぴゅーん。
1964(昭和39)年の「伏見桃山城キャッスルランド」のオープンに際して、遊園地敷地内に伏見桃山城の天守閣だけ作られた。しかしそれはかつての城の正確な再現ではない。
遊園地の経営母体は近鉄グループ。だからマッチ箱の片面に広告がある。
近鉄不動産が「桔梗が丘住宅地」の分譲開始したのは「伏見桃山城キャッスルランド」のオープンと同じ1964年。

2003(平成15)年1月、「伏見桃山城キャッスルランド」は閉園。
天守閣部分は保存され、遊園地跡地は「伏見桃山城運動公園」として整備された。

高度経済成成長期と住宅事情について書くと長くなるので、これも省略。ぴょーん、ぴょん。
それを簡単にやや乱暴に書けば東京・名古屋・大阪といった日本三大都市への人口移動と増加、それに伴う住宅不足、団地の建設、庭付きの分譲住宅への憧れ、住宅ローンの歴史でもある(今は新しい分譲住宅にも注文住宅にも庭なんて殆どない)。

給料生活者としての「サラリーマン」はまだ完全週休2日ではなかったし、公立の小中学校や高等学校も週5日制ではなかった時代があったのです。