カテゴリー
モノ 雑文

何かが僕から溶け出し、浮遊していくのをただ眺めているだけなのかもしれない。

何かが僕から溶け出し、浮遊していくのをただ眺めているだけなのかもしれない。

「わたしたちは毎日、安定性を失って形をなくしているのよ」と彼女は言った。「そして影となってわたしたちの周りの残るの。離れることも消えることもない」
僕は足元を見まわし「ロバート・リテルは小説の中で、日向にいてもまったく影ができない人のことを”アスキアン”と書いた」と言った。
「その本は読んだことがない」と彼女は言った。「影が熱いと言っているのが聞こえる」
それが質問なのか単に呟いただけのことなのか僕にはわからなかったが、確かに地面は熱そうだった。

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください