カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/毎日豪華ショウ上演 アルサロ「雪州」 – 神戸・福原口

マッチ・コレクション/毎日豪華ショウ上演 アルサロ「雪州」 - 神戸・福原口 (1)
マッチ・コレクション/毎日豪華ショウ上演 アルサロ「雪州」 - 神戸・福原口 (2)
マッチ・コレクション/毎日豪華ショウ上演 アルサロ「雪州」 - 神戸・福原口 (3)
マッチ・コレクション/毎日豪華ショウ上演 アルサロ「雪州」 - 神戸・福原口 (4)
マッチ・コレクション/毎日豪華ショウ上演 アルサロ「雪州」 - 神戸・福原口 (5)
マッチ・コレクション/毎日豪華ショウ上演 アルサロ「雪州」 - 神戸・福原口 (6)
マッチ・コレクション/毎日豪華ショウ上演 アルサロ「雪州」 - 神戸・福原口 (7)
マッチ・コレクション/毎日豪華ショウ上演 アルサロ「雪州」 - 神戸・福原口 (8)
マッチ・コレクション/毎日豪華ショウ上演 アルサロ「雪州」 - 神戸・福原口 (9)

「昭和キャバレー秘史(福富太郎、1994.年、河出書房新社)」の巻末に「キャバレー史年表」という約40ページの資料があって、そこに”1983(昭和58)年4月 神戸・福原のキャバレー「雪洲」閉店”と書かれているのですが、このマッチ箱は「さんずい」がない「雪州」なので、この巻末資料に書かれているキャバレー「雪洲」のマッチ箱ではないのかもしれないのですが、なかなか美しいマッチ箱です(マッチラベルには”毎日豪華ショウ上演”と印刷されているので、キャバレーのような気もするのだけど…)。

そんな「雪州」があったのが神戸・福原。
かつて「福原遊郭」があった魔所で、北に「湊川」、南に「新開地」、南北に延びる「柳筋」と「桜筋」に挟まれています。
「柳筋」の南北にはアーチが設置されています。
「桜筋」には南側にしかアーチがないのですが、それは「桜筋」の北の端近くに讃岐金刀比羅宮神戸分社があるからかもしれません。


カテゴリー
雑文

炎天下、地中の水道管。

炎天下、地中の水道管。

「パパ、蛇口から出る水がお湯みたいやね」と息子のひとりが言った。
そう、それくらい2020年の8月は暑い(昨年がどうだったのか、忘れた)。
地面の下の配管がどれくらい熱くなっているのか僕にはわからない。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/うまいものならなんでも「魚新」

マッチ・コレクション/うまいものならなんでも「魚新」 (1)
マッチ・コレクション/うまいものならなんでも「魚新」 (2)
マッチ・コレクション/うまいものならなんでも「魚新」 (3)

マッチ箱全体に鮮やかな配色で描かれた”UOSHIN”という文字に埋もれてしまうが、側面部分に「明石」で始まる電話番号が印刷されてる。
どうしてこの位置に電話番号を印刷することになったのか、それを解明することは今となってはもうできないことか。
この「明石」がどこなのか、「あかし」以外に「あけし」、「あげいし」、「あかいし」を含めて日本の町名・地名を調べてみると「兵庫県明石市」、「東京都中央区明石町」、「神奈川県平塚市明石町」、「愛知県碧南市明石町」、「京都府京都市右京区京北明石町」など(ほか省略…)思った以上にある。

“うまいものならなんでも 魚新”、はっとするような色の組み合わせで描かれた”UOSHIN”。
どんな店だったのかは誰かの思い出の中に残っているのだと思う。