カテゴリー
雑文

しっかりと安定し、動くことのない、いつもの音。

しっかりと安定し、動くことのない、いつもの音。。

僕はようやく20歳を過ぎたと思われる女のコに対し、遠くまで通る声の出し方を指導している。どういう経緯でそうなったのかは省略されている。
「この場所からあちらのほうに向かって」と僕は指差す。「発声練習をすると、誰かからうるさいと苦情が出たことはあるかな」
ないと思う、と彼女は言った。
「それでは、いつもの通りやってみて」と僕は言う。
彼女は感情を込めずに、出せる限りの声を出した。
「それだと、喉を痛めてしまうだけだ」と僕。そして「こういう具合に」と”あちらのほうに向かって”、フォアハンドスローでフライングディスクを投げた。
そんな夢をみた。

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください