カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/茶房「思案庭」 – 金沢ムサシが辻

マッチ・コレクション/茶房「思案庭」 - 金沢ムサシが辻 (1)
マッチ・コレクション/茶房「思案庭」 - 金沢ムサシが辻 (2)
マッチ・コレクション/茶房「思案庭」 - 金沢ムサシが辻 (3)

金沢市の「武蔵ヶ辻(ムサシが辻)」について調べていると、「住居表示に関する法律」に行き当たり、深く調べることができなくなったので、この住所表示については金沢に詳しい方に任せることとして、茶房「思案庭」は「しあんてい」と読むのでしょうか。「しあんにわ」と読むのかもしれません。フランス語の「シャンテ(chanter)」の当て字かもしれない、思いにふけることができる店という意味があったのかもしれない、などといろいろ思いを巡らすと終わりがなくなってしまいます。

僕はストライプもボーダーも受けつけないタイプなのですが、マッチ箱に印刷されている顔のイラストはとても気に入っています。
ニュー・アカデミズム、消費社会論ブームの中(おそらく1980年代の)、雑誌などでよく見かけた描き方のように思います。
片面は男性でその反対面は女性と言い切りたいところですが、「ワンレングス」の流行の中、「ベリー・ショート」のカッコイイ女性も多かったので、うーん、僕にはちょっとわからない、ってことにしておきます。

「マッチ・コレクション/茶房「思案庭」 – 金沢ムサシが辻」への2件の返信

始めまして、
たまたまネットで見かけました(COFFEE KITCHEN コロムビア)
のマッチ箱 ビックリすると共に
とても懐かしく想いました。
日本橋堀留町2丁目の私の実家で父が経営していた喫茶店でした。
もう半世紀ほど経ちますが、私も若い時の一時期ここを手伝っていた時がありました。
覚えて居て下さり有難うございました。

いいね

山口さま、お返事が遅くなってしまい申し訳ございません。

僕は「コロムビア」を訪れることができませんでしたが、こうやって、僕の手元にマッチ箱だけが届けられました。
想像するしかないお店です。
お父様との多くの思い出が含まれているのだと思います。
ありがとうございます。

いいね

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください