カテゴリー
モノ 雑文

最後部座席真ん中。

最後部座席真ん中。

日本で走っているたいていのバスの最後部座席は横一列で、真ん中部分は通路に面していて、運転席まで見通せる位置にあると思います。
ここに座るかどうかは人それぞれだと思います。
僕が高校生の頃に、坂道で急停車したバスの最後部真ん中の座席から前転しながら転がり、運転席のあたりで止まった友達がいたことを翌日の笑い話の中で聞いたことがあります。
神戸には坂が多いので(神戸だけではないと思うけれど…)、バスが対向車を避けるために急停車や急カーブすることは多いので、バスの後部座席中央から運転席まで転がることはたまにあることです。
それぞれに抱える問題で、つり革や手すりを持たない(持つことができない)場合があるとは思います。バランス感覚が優れている人も多いのだと思います。
先日、カーブの多い道に差し掛かったバスがゆっくりと停止して、運転席の近くで何にも掴まることなく立っていた(僕からは見えない位置に立っていた)乗客に、運転手が何かに捕まるように促していました。
人にはひとりひとり異なった事情があります。でも、その人はその日、どうしても何か掴むという行動から遠いところに自分を置いていたかったのかもしれません。
バスの運転手も安全のためにバスを出発させません。運転手がマイク越しに何度も何度も安全のために何かに掴まるように促すので、停止したバスの中で乗客の多くが前をほうを見ようといろんな角度に揺れます。
そして、バスの運転手が負けを認めるように、バスを発進させたのです。

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください