カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/Ragout(ラグー) – 神戸・三宮

マッチ・コレクション/Ragout(ラグー) - 神戸・三宮 (1)
マッチ・コレクション/Ragout(ラグー) - 神戸・三宮 (2)
マッチ・コレクション/Ragout(ラグー) - 神戸・三宮 (3)
マッチ・コレクション/Ragout(ラグー) - 神戸・三宮 (4)

たるみ燐寸博物館には料理長やコックが描かれたマッチ箱はかなり多くあるのですが、拙著「マッチ・ラベル 1950s-70s グラフィックス(2019年、グラフィック社)」では「高度経済成長期」に含まれるのかどうか判断ができない、表紙や他のカテゴリで使用したマッチ箱と重ならない、ブックマッチは例外を除き載せないようにした結果、カテゴリ「CHEF(シェフ)」には5つのマッチ箱しか載っていません。

さて、神戸・三宮に「センタープラザ」が竣工したのは1975年7月です。東側にある、1970年に完成した「さんプラザ」と繋がっています。
特にどこからどこまでが「さんプラザ」でここからここまでが「センタープラザ」と意識したことは僕にはありません。

“Ragout(ラグー)”はセンタープラザの地下1階にあったレストランのようです。
ブックマッチと同じロゴの店を見かけたことがあるようにも思うのですが、僕の記憶は定かではありません。
ブックマッチを開くとメニューがあって”シチュー、サラダ、サンドウィッチ、ケーキ デザート、フレッシュジューズ、コーヒー 紅茶、ワイン ビール”と印刷されています。

“u”の上にアクサン・テギュ(アクサン記号)が付いているのですが、webでの表示上の都合で省略しています。
「肉と野菜にスパイスを加えて煮込んだフランス料理」の意味があります。