カテゴリー
雑文

倒立と手触り。

倒立と手触り。

眠りの中で断片的な夢をいくつも見た。おそらくそれぞれに繋がりはなかったのだと思う。午後にはどの断片も思い出せなくなった。
2020年、15回目の日曜日が雨のまま終わっていく。
不安を麻痺させるために僕は逆立ちをする。