カテゴリー
雑文

ヨシタケシンスケ/あるかしら書店

ヨシタケシンスケ/あるかしら書店

僕がヨシタケシンスケの絵本が好きだと言ったら、娘が小学校の図書室で「あるかしら書店(2017年、ポプラ社)」を借りてきてくれた。「人気があるから、なかなか借りることができなかった」そうだ。

僕が小学校に通っていた頃は図書館で本を借りて帰ることなんてまずなかった。
それなりに本は揃っていたのだろうけれど、小学生の時も含めて、中学生・高校生のころはあまり本を読まなかった気がする。
僕は小学校も中学校も高校も入学した学校と卒業した学校が異なるので、6つの図書室を知っているはずなのだけれど、ほとんど記憶にない。
高校の図書室には足を踏み入れたことさえないのかもしれない。

でも、町の書店へはよく行った。ふらっと立ち寄ることが多かった。
そんなことをちょっと思い出した。

blog内、全て敬称略です。