カテゴリー
雑文

冬の口約束

冬の口約束

運ぼうと思って持ち上げたところ、その重さがどこか妙になじまない。