カテゴリー
雑文

平行線特性

平行線特性

圧倒的な午後が一方的にやってきて、春の始まりの香りを含んだ風がふらりと訪れて、履歴を残していった。