カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/神戸新聞会館7階 広東料理「金龍閣」

マッチ・コレクション/神戸新聞会館7階 広東料理「金龍閣」 (1)
マッチ・コレクション/神戸新聞会館7階 広東料理「金龍閣」 (2)
マッチ・コレクション/神戸新聞会館7階 広東料理「金龍閣」 (3)

片面には”GORDEN DRAGON”が、もう片面には阪神淡路大震災(1995年)以前の「神戸新聞会館」が印刷された広東料理の店「金龍閣」のマッチ箱。
「金龍閣」の看板と7階部分は赤く塗られています。
屋上に「ナショナル(後、PANASONIC)」のネオン広告塔らしきモノがあることから、1961年以降の「神戸新聞会館」でしょう。
ビルの倒壊で神戸新聞会館の「金龍閣」はなくなってしましたが、現在は中華料理「金龍閣」として「デュオこうべ」と「須磨パティオ専門店3番館1F」で営業しています。
長く愛されるお店であることをお祈りいたします。

ところで「神戸新聞会館」時代の「金龍閣」へ行った記憶は僕にはありません。「デュオこうべ」店には父と行ったこともありますが、母とよく行きました。「今日はもうここでなくていいよ」と言うくらいに。もう何年も前の話です。

さて、1956年5月竣工当初と思われる「神戸新聞会館」の姿は2019年10月28日のblog”マッチ・コレクション/神戸新聞会館3階「会館パーラー」“を参照して頂くとして、広告という意味では「金龍閣」という看板が見えるこの構図が最も有効であることは理解できるのですが、「会館パーラー」のマッチラベルに残る「神戸新聞会館」のイラストも同じような構図で描かれていることから、「神戸新聞会館」にとってこの角度は最も美しい姿だったのかもしれません。