カテゴリー
雑文

光の羅列、温度の木

光の羅列、温度の木

一睡もしなかったからといって、眠っている才能を覚醒めさせることにはならない。
午前4時前に温度の木は枯れかけ、安定しない静かな時間が続き、焦りの色が辺りを染めていく。
昼時の空にそれぞれの雲が重なる。

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください