光の羅列、温度の木

光の羅列、温度の木

一睡もしなかったからといって、眠っている才能を覚醒めさせることにはならない。
午前4時前に温度の木は枯れかけ、安定しない静かな時間が続き、焦りの色が辺りを染めていく。
昼時の空にそれぞれの雲が重なる。