カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/レストラン「ヒル・ハウス(HILL HOUSE)」 – 神戸・北野

マッチ・コレクション/レストラン「ヒル・ハウス(HILL HOUSE)」 - 神戸・北野 (1)
マッチ・コレクション/レストラン「ヒル・ハウス(HILL HOUSE)」 - 神戸・北野 (2)
マッチ・コレクション/レストラン「ヒル・ハウス(HILL HOUSE)」 - 神戸・北野 (3)
マッチ・コレクション/レストラン「ヒル・ハウス(HILL HOUSE)」 - 神戸・北野 (4)
マッチ・コレクション/レストラン「ヒル・ハウス(HILL HOUSE)」 - 神戸・北野 (5)

どこかで見たこととがある建物が描かれたマッチ箱を見つけた。僕にとって懐かしい建物。

神戸市営地下鉄「西神・山手」線「新神戸」駅から「北野通り」を南に下っていく。「北野通り」は単なる坂ではなく、なだらかな起伏がある。
神戸に古くからある神戸北野教会を左手に見ながら進み、「不動坂」に出て、坂を下る。「不動坂」の途中で西に伸びる「山本通り(異人館通り)」へと入る。そのまま「北野坂」を通り過ぎたところで、マッチ箱描かれた建物を僕は見つける。

大学生の頃、僕は神戸・北野をよく訪れた。
あったはずの建物がなくなり、今でも、いくつかの見覚えのある建物が残り、いくつかの店舗が入れ替わっている。

レストラン「ヒル・ハウス(HILL HOUSE)」も今は別の店舗になっているのだけれど、建物はそのまま活用されている。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/千葉久 (岩手・一関)

マッチ・コレクション/千葉久 (岩手・一関) -1-
マッチ・コレクション/千葉久 (岩手・一関) -2-
マッチ・コレクション/千葉久 (岩手・一関) -3-

「千葉久」はかつて岩手県一関市にあった百貨店です。

百貨店としての「千葉久」は1952年に開業し、1975年に閉業しました。
遡っては呉服店として歴史が始まる「千葉久」を表すかのように”洋服のデパート”、百貨店の大きな特徴である”安心して買える店”の文字がマッチ箱に残っています。

この「千葉久」のマッチ箱は2019年4月にグラフィック社から出版された拙著「マッチ・ラベル 1950s-70s グラフィックス(定価:本体1,700円+消費税)」に載っています。
特にキャプションもコメンもないページなので、別の角度から撮影した画像と説明を加えて、ここに残しておきます。

カテゴリー
雑文

平行線特性

平行線特性

圧倒的な午後が一方的にやってきて、春の始まりの香りを含んだ風がふらりと訪れて、履歴を残していった。