カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/音楽喫茶「フジヤ」 (TEA ROOM FUJIYA) – 東大阪・布施

マッチ・コレクション/音楽喫茶「フジヤ」 (TEA ROOM FUJIYA) - 東大阪・布施 (1)
マッチ・コレクション/音楽喫茶「フジヤ」 (TEA ROOM FUJIYA) - 東大阪・布施 (2)
マッチ・コレクション/音楽喫茶「フジヤ」 (TEA ROOM FUJIYA) - 東大阪・布施 (3)

2つの異なる色が並んだデザインを「ツートーン(two-tone)」というのか、「2色配列」というのか、デザインの世界でもっとふさわしい呼び方があるのかどうか、僕にはよくわからない。
組み合わせた2色の境界が直線的に区切られている場合は「バイカラー(bicolor)」というのかな。
都合上、「ハーフ・アンド・ハーフ(half-and-half)」としておこう。

一昨日(2019年12月16日)のblogでとりあげた、かつて阪急電鉄「三宮」駅西口北側にあった洋酒ノ店「トロイカ」のマッチ箱と同じように大阪・布施にあった音楽喫茶「フジヤ(FUJIYA)」のマッチ箱も「ハーフ・アンド・ハーフ」デザイン。
「フジヤ」の場合は”U”、”J”、”Y”がそれぞれカップやグラスの形を連想できるデザインとなっていて、これはこれで素敵である。そして、箱の背の部分に”I”が美しく配置されている。

布施市って、他の2つの市と合併して1967年に東大阪市となったんですね。