カテゴリー
雑文

一帯、雨。

一帯、雨。

目が覚めるために、窓の外では激しい雨が降る音。
僕は目を閉じて浅い眠りに潜り込むと静かな世界の夢を見る。
時々、途切れる眠りを邪魔するのは幾何級数的な雨粒の不協和音。
何度も眠りの中に隠れて、僕は静かな夢の続きを見る。

今日の朝の庭にはどこにも雨が降った痕跡はない。
雨が降っていたのはいったいどちらの世界だったのだろう。
僕はいったいどちらの世界にいたのだろう。

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください