カテゴリー
雑文

一帯、雨。

一帯、雨。

目が覚めるために、窓の外では激しい雨が降る音。
僕は目を閉じて浅い眠りに潜り込むと静かな世界の夢を見る。
時々、途切れる眠りを邪魔するのは幾何級数的な雨粒の不協和音。
何度も眠りの中に隠れて、僕は静かな夢の続きを見る。

今日の朝の庭にはどこにも雨が降った痕跡はない。
雨が降っていたのはいったいどちらの世界だったのだろう。
僕はいったいどちらの世界にいたのだろう。