カテゴリー
雑文

とけて、また、焼き色。

昨夜もそうだったように、目がかすんでいるのかと思えるくらい、夜になると海沿いの街は大気中の水蒸気の水滴に覆われて、結露した窓越しに眺めているような月が夜空に浮かぶ。
明日の夕刻はとけていく空を見たい、と思う。

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください