カテゴリー
雑文

黒板に書かれた文字や図や絵をただひたすら書き写すことが僕は苦手だった。

黒板に書かれた文字や図や絵をただひたすら書き写すことが僕は苦手だった。

「板書」という言葉が今も通用するのかどうかしらない。
僕は小学生の頃から、黒板に書かれた文字や図や絵をノートに書き写すのが不得手だった。
黒板に書き残された情報量にも左右されたが、たいていは時間内にノートに書き写すことができなかったように思う。
前方にある黒板と手元にあるノートの間を、交互に視線を移動させるのという能力が僕には備わっていなかったのかもしれない。
当時の僕は今と大きく異なって筆圧が強く、指が疲れやすかったこともあるのだけれど、記憶の保持の時間が短かったからか、そのうちに集中力を欠いたのか、面倒だったのか、単に理解できない内容だったからか、そんなことももう定かではない。

義務教育時代だったかそれ以降だったか、教室に入ってくるなり僕たちに背を向けて、「板書」を始めるというスタイルを続ける教諭がいた。
読みにくい字を書いたわけではなく、むしろ達筆で、加えて書くのが早かった。
その分、読めない字があったことは確かだった。でも「なんて書いてあるのか読めません」なんて質問を誰もしなかったように思う。

「はい、写して」と書き終わると僕たちに向かって言った。それが授業の本当の始まりの合図だったのか、あるいはそれが授業の終わりを意味したのか、僕は書き写すことに忙しくて覚えていない。