カテゴリー
雑文

うまく説明のできないさまざまなものたちが、この壁の中でじわじわと僕を捉えようとしている。

うまく説明のできないさまざまなものたちが、この壁の中でじわじわと僕を捉えようとしている。

冬の壁は崩れては、その上に、再び建てられて、僕の周りを囲んでいく。その度に壁は高くなり、僕は深く閉じ込められていく。