カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/音楽・喫茶・洋酒「故郷 FURUSATO」 – 三宮阪急東口山側2階

マッチ・コレクション/音楽・喫茶・洋酒「故郷 FURUSATO」 - 三宮阪急東口山側2階 (1)
マッチ・コレクション/音楽・喫茶・洋酒「故郷 FURUSATO」 - 三宮阪急東口山側2階 (2)
マッチ・コレクション/音楽・喫茶・洋酒「故郷 FURUSATO」 - 三宮阪急東口山側2階 (3)
マッチ・コレクション/音楽・喫茶・洋酒「故郷 FURUSATO」 - 三宮阪急東口山側2階 (4)
マッチ・コレクション/音楽・喫茶・洋酒「故郷 FURUSATO」 - 三宮阪急東口山側2階 (5)
マッチ・コレクション/音楽・喫茶・洋酒「故郷 FURUSATO」 - 三宮阪急東口山側2階 (6)
マッチ・コレクション/音楽・喫茶・洋酒「故郷 FURUSATO」 - 三宮阪急東口山側2階 (7)

かつて「故郷 FURUSATO」という店が神戸・三宮阪急東口山側2階にありました。と言っても僕はリアルタイムで「故郷 FURUSATO」へ行ったことはありません。
もう箱の形を成していないマッチ箱とブックマッチでは電話加入者番号が異なるので、それぞれ別の店なのかもしれないという不安は無視して、ブックマッチに印刷されてる「ぶらり横丁」をGoogle Mapsで確認すると -「横丁」だから「通り」だと思っていたのですが -、「ビル」でした。

”picasso”という大きな文字の下に「ぶらり横丁」の看板が、というより「ぶらり横丁」の看板の上に”picasso”の文字と言ったほうが、僕にはわかりやすい。そして、かつて「故郷 FURUSATO」があったのがこの場所だったんだ、と得心している今夜です。
僕は大学生の頃に喫茶”picasso(ピカソ)”へよく行きました。”picasso(ピカソ)”は今も続く喫茶店で、「ぶらり横丁」の看板があるこの細い筋ではなく、南側の通りから狭くて急な階段を利用します。”picasso(ピカソ)”の創業は1977(昭和52)年。
Google Mapsと現地を確認して、「ぶらり横丁ビル」はこういう構造をしていたのかと納得している僕なのです。

「ぶらり横丁」の看板にはもう「故郷 FURUSATO」の文字はありません。そして、近くでは「神戸阪急ビル東館」の建て替え工事が進行していました。

“洋酒ファンも…… 喫茶ファンも…… アベックも…… 皆 故郷”

皆さんの故郷はどこですか?

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください