カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/パン・喫茶・洋菓子「永野分店」 (高知)

パン・喫茶・洋菓子「永野分店」 (高知) -1-
パン・喫茶・洋菓子「永野分店」 (高知) -2-
パン・喫茶・洋菓子「永野分店」 (高知) -3-

“パン・喫茶・洋菓子”、”分店 中新町”、東店 帯屋町、西店 公民館前、田園 京町”、”永野分店”と印刷されたイラストとタイポグラフィーが素敵なマッチ箱が「たるみ燐寸博物館」にあります。

高知県内のパン業界を遡ると、1927(昭和2)年、高知市内に「永野忠」、「永野旭堂本店」と「永野」という名の付く2つのパン製造工場が創業しています。
1945年7月4日の「高知大空襲」で高知市内のパン業者は全焼したそうです。
1946年、最初に再建されたのが「永野旭堂本店」で、その後に多くのパン製造工場が続きます。

イラストやタイポグラフィーや箱の状態から想像して「そう遠い昔ではない(かなり古いマッチというわけではない)」とは思うのですが、「永野分店」が「永野旭堂本店」から分かれて独立した店であるという決定的な何かを僕が見つけたわけではありません。