カテゴリー
雑文

思い出せないくらい忘れてしまった明日。

思い出せないくらい忘れてしまった明日。

「たぶん、僕の中には何もないのだと思う」と僕は言った。「僕は内部に空っぽの空間を抱えているのだと思う」
「空っぽであるのなら、何か詰め込めそうな気がする」と彼は言った。
「その空間は永遠になにも受け入れないために存在している」と僕は付け加えた。「永久に閉じられた静かな世界で、拡大していく」
「わからないな」と彼は言った。
「わからなくても、わかっても同じことだ」と僕は言った。

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください