カテゴリー
モノ 雑文

夜のうちに混じりあって広がる中途半端な行き先

夜のうちに混じりあって広がる中途半端な境界線 (1)
夜のうちに混じりあって広がる中途半端な行き先 (2)
夜のうちに混じりあって広がる中途半端な行き先 (3)

確か10月のどこかに「衣替え」という時期があったように思うのですが、まだ半袖のTシャツ1枚で過ごせる一日の始まりに、さて、何を着ていくかと悩みながら、お気に入りの古い黒のジャケットをその上に羽織ったら、新幹線の中は別として、横浜クリエーションスクエア(YCS)を下見に行く頃には額から汗が落ちて、拭っても収まることもなく、ジャケットを脱いでもあまら変わらず、ちょっと恥ずかしい。