カテゴリー
雑文

「半日雨」の成分。

「半日雨」の成分。

ひとつにまとまることのない雨の気配に僕が気がついくのは午後になってからで、降っては止んで、止んでは降って、いつの間に光の中で断片的に輝いていた。
こういう日には僕はどこかに傘を置き忘れる。