カテゴリー
雑文

静かに融け込み、見分けがつかなくなる時間に。

静かに融け込み、見分けがつかなくなる時間に。

夜が呼吸をし始めると、多くの誰かはその肺の中に取り込まれてしまうが、少しの誰かは夜に組み込まれてしまわないよう、様々な尻尾を持っているのである。

おやすみなさい、いい夢を。