カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/喫茶とお食事「やなぎ」(TEA & GRILL YANAGI) – 大阪・浪速

マッチ・コレクション/喫茶とお食事「やなぎ」(TEA & GRILL YANAGI) - 大阪・浪速 (1)
マッチ・コレクション/喫茶とお食事「やなぎ」(TEA & GRILL YANAGI) - 大阪・浪速 (2)
マッチ・コレクション/喫茶とお食事「やなぎ」(TEA & GRILL YANAGI) - 大阪・浪速 (3)

「やなぎ(ヤナギ)」という店名の喫茶店は多いのですが、これは大阪・浪速区にあった喫茶とお食事「やなぎ」のマッチ。
「浪速町西」にという町名は1962年に誕生し、1980年に「浪速西」となった。

僕は1960年代後半の日本におけるヒッピー文化を映像や書籍を通してしか知らない – 本当の意味で子供だった – 、リアルに体験していない世代だから、当然、その背景もよく知らない。

マッチ箱に印刷されているイラストは僕が映像や雑誌で見た「ヒッピー・ファッション(という表現が適切かどうかわからない…)」。

互いに反対方向を向いた二人が手を握っているのはマッチ箱の背の部分。

さて、この二人とは別の二人が描かれた同じような構図のマッチがあるとしよう(ないと思うけど…)。
そのマッチ箱とこのマッチ箱の側薬部分を向き合わせて並べたところを思い浮かべてみる。
そうすると別の意味が生まれてくる、と思うのは僕の余りすぎた解釈かもしれない。

「マッチ・コレクション/喫茶とお食事「やなぎ」(TEA & GRILL YANAGI) – 大阪・浪速」への2件の返信

垂水駅に思いつきとブラジルがあった頃の垂民です。義父の介護へ通っていて、部屋を片付けていると、喫茶ヤナギのマッチが出てきました。おぼろげながら入った記憶があるのですが、たるせんの何処にあったのか、思い出せません。知らなかったのですが、姫路を本拠とするチェーン店のようです。今更、知ったところで何もないのですが、今際の際に思い出して気持ち悪くなってもいけないので、もしご存知でしたら。一応、画像はアップロードしているのですが、livedoorは外部参照出来ないので、http://lament.blog.jp/より画像アドレスhttps://livedoor.blogimg.jp/nrlament/imgs/c/5/c584aa4d.jpgをアドレスバーご入力ください。

いいね: 1人

nrさま、画像を拝見しました。ありがとうございます。

「喫茶ヤナギ」のマッチは有名です。種類も多いですね。
かつて、山陽電鉄「垂水」駅高架下にあった「思いつき」、今も垂水センター街ある「ブラジル」も本店は姫路なんですよ。
「たるせん」時代にはたくさんの喫茶店がありましたね。僕も「ヤマギ」のどのあたりだったのか思い出せません。

いいね

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください