カテゴリー
雑文

ゴールマン。

ゴールマン。

小学校4年生の双子の息子たちにとって、つまらなかったドッジボールの授業。
「学校生活管理指導表」における基本的な動作である「練習」は問題ないけれど、強い運動にあたる「試合形式」には参加できなくなったからだ。
さて、そんな彼らに「ポートボール」の授業が始まった。
今のところ、永遠の「ゴールマン」の役割が与えられている。
様子を見に来て欲しいとクラス担任からお願いがあったので、近く小学校へ行く。

僕にとっては懐かしの「ポートボール」。中学校に上がるとその存在さえ忘れ去られるのが「ポートボール」。