マッチ・コレクション/可祝 (kasiku) – 横浜ステーションビル

マッチ・コレクション/可祝 (kasiku) - 横浜ステーションビル

横浜ステーションビルにあったニッカバー「可祝」。

「可祝(かしゅく)」とは女性の手紙の末尾に用いるあいさつの語。かしこ。「これにて失礼いたします」の意味です。
女性の手紙は「かしこ」で終わるのが一般的だということを僕はすっかり忘れていました。
そして、「横浜駅SF」という小説の存在を今日初めて知りました。

そうか、1962年に開業した「横浜ステーションビル」は”増殖する”横浜駅にのみ込まれてしまったんですね。

僕の好きなデザインのマッチ箱であることには間違いないのです。
拙著、高度経済成長期の広告マッチラベルデザイン集「マッチ・ラベル 1950s-70s グラフィックス(2019年4月8日発売、グラフィック社)」に載らなかったのは、箱の形を保っていなかったからです。

広告

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください