カテゴリー
雑文

夜と奥行き。

夜と奥行き。

どこか遠くの空から降り落ちてくる花火の音を聞きながら、子供たちと妻と僕は庭で小さな花火を地面に垂れた。
そうやって、8月3日の夜は密度を増していったのでした。