カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/白鶴 (新宿角筈・三越裏)

マッチ・コレクション/白鶴 (新宿角筈・三越裏) -1-
マッチ・コレクション/白鶴 (新宿角筈・三越裏) -2-
マッチ・コレクション/白鶴 (新宿角筈・三越裏) -3-

拙著、高度経済成長期の広告マッチラベルデザイン集「マッチ・ラベル 1950s-70s グラフィックス(2019年4月8日発売、 グラフィック社)」ではデザインされた「鶴」という文字の面が載せてあります。
さて、どのページに載っているかおわかりになりますか?
「わかった方には素敵なプレゼントを差し上げます」という企画はありません。

載せることができなかったもう片面には「白」、背の部分には”新宿角筈1-1三越裏”と印刷されています。
“角筈”とはかつて東京・新宿にあった町名で、”角筈1-1″というのは現在の新宿3丁目にある「新宿武蔵野館」辺りになるはずです。
「白鶴」がどのような業態の店だったのか、残念ながら僕にはわかりませんでした。

「三越(新宿店)」は「新宿三越アルコット」を経て、閉店。
跡地は「ビックカメラ」を経て、ビックカメラとユニクロとの共同出店商業施設「ビックロ」となりました。