カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/喫茶「コンコード(CONCORD)」 – 神戸

マッチ・コレクション/喫茶「コンコード(CONCORD)」 - 神戸 (1)
マッチ・コレクション/喫茶「コンコード(CONCORD)」 - 神戸 (2)
マッチ・コレクション/喫茶「コンコード(CONCORD)」 - 神戸 (3)
マッチ・コレクション/喫茶「コンコード(CONCORD)」 - 神戸 (4)

先日、神戸・元町にある古書店「花森書林」で買った「別冊・SANPO 下町通信 No.3 – KOBE喫茶探偵団報告会1(2010年5月発行)」に収められている「喫茶談義」の中に”その他、思い出の店で、グレープジュースがうまかった「コンコード」なんかあります”、”「コンコード」はコーヒーもうまかった”という文を見つけて、思い出した。
かつて、神戸・三宮と摂津本山に「コンコード(CONCORD)」という洒落た喫茶店があった。
僕は特別な女のコを連れて 「コンコード」に行って、照れながらグレープジュースを注文して、成長も成熟さも欠如した会話の時間を沈黙の中に埋め込んでいた。

「コロンビア」や「オランダ」や「ウィーン」や「ブラジル」や「ケニヤ」や「コスタリカ」のように店名の「コンコード」はアメリカのニューハンプシャー、サンフランシスコ、テキサス、ノースカロライナ、ニューヨークにある町に由来するのか、「意見などの一致、協和音」を意味する英語か、ブドウの品種「ラブルスカ種」である「コンコード」か、「コンコード・ジャズ(コンコード・レーベル)」に由来するのだと思う。