カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/とうきょうあん(Tokyo An) – 神戸・三宮

マッチ・コレクション/とうきょうあん(Tokyo An) - 神戸・三宮 (1)
マッチ・コレクション/とうきょうあん(Tokyo An) - 神戸・三宮 (2)
マッチ・コレクション/とうきょうあん(Tokyo An) - 神戸・三宮 (3)

国産の紅茶製造は外貨獲得という政府の方針によって始まります。
1874(明治7)年には「紅茶製法書」が、1878年には「紅茶製法伝習規則」が公布され、日本国内の紅茶の製造法が広がりました。
以降、国産紅茶保護政策が続けられたのですが、「紅茶の輸出のみを行い、輸入しない日本はおかしい」という先進国からのクレームもあり、政府は1971(昭和46)年に紅茶の輸入自由化を実施し、海外から紅茶が輸入されるようになります。

国内で初めてリプトンによる「ティーバッグ入りの紅茶」製造が始まったのは1961年です。

神戸・三宮センター街にあった「とうきょうあん(Tokyo An)」はリプトンの茶葉を使う紅茶専門店だったのでしょう。詳しいことはわかりません。
タイポグラフィーも線のみでデザイン化されたテーブルを挟んで向かい合う姿も素敵なマッチ箱です。

カテゴリー
雑文

残念なすれ違い

残念なすれ違い

「老後2000万円不足、正式の報告書として受け取らない」という報道タイトルを「老後2000万円不要、受け取らない」と読み違えて、非常に寛容で理解のある人もいるものだ、と僕が勘違いしたことは特に話題にすることでもないな。

カテゴリー
マッチ箱/マッチラベル モノ 雑文

マッチ・コレクション/Coffee Snack「中山手8番」(神戸)

マッチ・コレクション/Coffee Snack「中山手8番」(神戸) -1-
マッチ・コレクション/Coffee Snack「中山手8番」(神戸) -2-
マッチ・コレクション/Coffee Snack「中山手8番」(神戸) -3-
マッチ・コレクション/Coffee Snack「中山手8番」(神戸) -4-

葺合区と生田区が合併して神戸市に中央区が誕生した1980年。
僕はまだ高校も卒業していません。
東門街から山手幹線を北へ、北野坂の途中まで広がる現在の「中山手1丁目」と照らし合わせて区画が全く同じとは言えませんが、生田区時代の「中山手1丁目」にあったのが Coffee Snack「中山手8番」。
途中で2階も店舗となったようで、マッチ箱の背の部分にはゴム印で電話番号が追加されています。
片面には女性の顔のイラスト、もう片面のデザイン化された花のようなイラストがあります。どちらもどこかでみたことがあるような気がします。

“Coffee Snack”の文字が前髪に見えませんか?

マッチ棒を髪の毛に見立て、遊んでみました。