カテゴリー
雑文

円滑な棲み分け

円滑な棲み分け

地球と同じように傾きながら、僕は回転していた。
いつもと同じかそれ以上になにも進まなかった僕の一日であっても、時速1700キロメートルで今日が終わってくのです。