カテゴリー
雑文

引っ込み思案の僕ら

引っ込み思案の僕ら

僕の言う「僕ら」の「ら」に誰が含まれるのか、 僕にもよくわからないので、 誰かの前で話をする度に、その「ら」が単に「ら・り・る・れ・ろ」の「ら」でも複数形を表わす「ら」という意味だけでもないことを淀みなく、簡潔に語ることができない。

僕の話し方にはパラシュートで地上に置かれた直径わずか5cmの目標に着地できるほどの卓越した技術もない。
そもそも僕が「感動」とはほど遠い所に着地することしか考えていないからかもしれない。

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください