カテゴリー
雑文

春の切っ先

春の切っ先

春の鋭くとがった先端部が目に当たりました。
僕が目頭をおさえるのは悲しみで涙がこぼれそうになっているからではなく、のどのかゆみと鼻の不快感は 日々、掛け算と割り算を繰り返しています。