COBOL コーディングシート

COBOL コーディングシート

おおよそA4サイズの「COBOL コーディングシート」。 何枚か綴られたままやや色あせて、未記入の状態で母の部屋から見つかった。

通った大学のプロフラミングの講義で配布されたような気がする。
大学でのプログラミングの課題はCOBOL言語ではなかったが、「COBOL コーディングシートと印刷されているが、気にしないで使うように」と言われたことを思い出したからだ。
結局、大学のレポートは提出しなかった。当時の僕にはプログラミングがさっぱりわからなかった。

僕の父が設計の仕事に携わっていたころ、父が会社から持って帰る図面は青焼きのコピーだった。
幼少期の僕は白い面が「表側」だと思って、そこに絵や文字や数字を書いていた。

たぶん父と母は「COBOL コーディングシート」をメモ帳代わりに使うつもりだったのだろう。結局は使われないまま、残った。

メモ帳にすることもなく、もう廃棄処分する。

広告

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください