マッチ・コレクション/甘党「蔵前堂」 – 神戸・新開地

マッチ・コレクション/甘党「蔵前堂」 - 神戸・新開地 (1)
マッチ・コレクション/甘党「蔵前堂」 - 神戸・新開地 (2)
マッチ・コレクション/甘党「蔵前堂」 - 神戸・新開地 (3)

地域によって「鏡開き」の日が異なりますが、硬くなった餅を叩いて割る「鏡開き」の光景を見ることも少なくなったのではないでしょうか。
真空パックされた「鏡餅」の底から餅を取り出し、パックを開くという行事ではありません。
我が家では今年の「鏡開き」は1月15日でした。

さて、かつて神戸・新開地三角公園浜側にあった「蔵前堂」のマッチです。
かつて「新開地三角公園」は神戸市電の「新開地電停前」として利用されていた場所 – 1965(昭和40)年に廃止 -で、”浜側”というのは「南側」という意味です。

使われているタイポグラフィーがなかなか素晴らしいマッチ箱です。
“ぜんざい”の文字を見て、皆さんの「鏡開き」後の餅の行方が気になるのです。


広告