垂水区広報相談課編集・発行/垂水の歴史 – 古墳と史跡

垂水区広報相談課編集・発行/垂水の歴史 - 古墳と史跡

垂水区広報相談課が編集・発行した「垂水の歴史 – 古墳と史跡」は昭和46年11月15日発行の非売品で本文124ページ。
垂水区の一家に一冊、この小冊子が配られた時代があったのだと思うのです。垂水区に古くからお住まいの方は家の中を探してみてくださいね。

地質時代から「大歳山」の縄文遺跡、古墳時代前期の「海神社・五色塚古墳」、奈良時代の「太山寺」、平安時代の「舞子ヶ浜」、元禄時代の「岩岡のタバコ」、江戸末期の「舞子砲台跡」、大正時代の「舞子六角堂」- 間をいくつか省略していますが – 、昭和時代の「B29の爆撃」までが纏められています。

こうやって編纂された冊子が各家庭に配られた(と思う…)ことに意味があるのだと思いますが、web全盛の昨今にこういう冊子は – あってもいいと僕は思うのだけど – もう作られることはないのだと思います。

広告

垂水区広報相談課編集・発行/垂水の歴史 – 古墳と史跡” への4件のフィードバック

    1. 垂水ライオンズクラブが5周年記念として発行した「垂水の史跡」という本があって、それは区内の学校教材として寄贈され、一般には入手できない状態だったそうです。
      そのため一般の方々の要望にこたえて発行されたのが、この小冊子になるそうです。執筆者は取材費も自費、原稿料も無料で引き受けたそうです。
      印刷の部分だけ行政が手掛け、各区家庭に配ったということですね。どのようにして配布されたのか覚えていません。
      実は垂水区はかつて図書館がない区でした。今は小さいながらも図書館はあります。

      いいね

*メールアドレスが公開されることはありません。 メールアドレスと名前の各欄は必須項目です

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中